よさこいチーム、ひとり参加でも大丈夫

よさこいチーム、ひとり参加でも大丈夫

一緒に踊るはずの友人が踊れなくなった
どうしてもひとりで参加してみたいチームがある

などの理由でよさこいチームへの申し込みが友人と一緒ではなく、ひとりになってしまった、という理由で不安を感じている人は多いと思います。
でも大丈夫。なんとかなります。

ネットを使い、同じよさこいチームで踊る人を探す

古いところだとmixiのコミュニティ、今だったらTwitterにはよさこいチームのアカウント、Facebookにはチームのページがあったりします。
また、Twitterだとキーワード検索をすると、自分と同じよさこいチームで踊る人が出てきたりします。
もし自分がアカウントを持っているようだったら、勇気を出して話しかけて、知り合いになるという手もあると思います。
そして、自分自身の自己紹介欄やbioによさこいチーム名入れておくと、同じようにひとりで参加する人からリプライやメッセージが来るかもしれません。

自分から頑張ってひとり参加してそうな人に話しかけてみる

これ、実は結構ハードルが高いんですよねえ。
「ひとりですか?」と尋ねるのもためらわれるし。
でも、休憩中にちょこっと振り付けのわからないところなんかを前や横の人に聞いてみるというきっかけを作ってみるのもいいかもしれません。
それから、よさこい、初めての練習で心がけることでも触れたのですが、汗を拭くためのタオルで時々、アーティストのツアーグッズタオルを持ってきている人もいるので、もし自分の好きなアーティストのグッズだったりしたらこれは話しかける格好のネタです。
他にもバッグとかキーホルダーとか、着ているTシャツがイロモノの面白いやつだとか、きっかけは見渡せばいろいろあったりすることも多いんです。
逆に自分もそれで話しかけられたりすることがあったりも。

話しかけられそうなオーラを出しておく

友人で、一緒に旅行行ったり普通に歩いていたり、買い物をしているだけで見知らぬ人から話しかけられる子がいます。
本人は「スマホ触ったりiPodつつきゆう時でも話しかけられるんやけど」とものすごく嫌がってるのですが、私からしたらちょっとうらやましいです。

彼女の特徴は
・だいたい口角が上がっていて、目も笑っていてにこやかな感じ
・何となく目が合いやすい(本人はぼーっとしているつもりとのことですが)
といったところですね。
一朝一夕に身につくものではないとは思いますが、ちょっと心がけてみるのもいいかもしれません。

チームが実施するイベントや交流会に参加してみる

よさこいチームによっては、踊り子やスタッフとの交流を深めるため、練習期間中にボーリングや飲み会、焼肉会を実施するところもあります(よさこいチームの全部が全部ってわけではないのであしからず)
もし、そのようなイベントが実施されるようでしたら是非参加してみましょう。
それがきっかけで溶け込むことができたという人も割りといるようです。

もし本祭までひとりだったら

あまり練習に参加することができず、本祭までポツンとひとり、ってことがあったとしても大丈夫です。
当日が来たら、同じ衣装着ている人見かけたり見つけられたりしたら、自分から話しかけることにためらいがなくなるし、同じよさこいチームの踊り子さんから話しかけられたりする確率が結構高くなるのです。不思議と。
お祭りだから、いつもよりオープンマインドになってるのもあるかもしれませんね。

まとめ

ひとり参加だと最後までぼっちのままよさこい祭りを終えるのではないかと心配する方も多いと思いますが、大丈夫。
思っているより同じよさこいチームでひとりで参加している人も多いんです。

そして、自分もひとりで参加している人がいたら、話しかけて仲良くなろうと思っていますので、よろしくお願いします。

CATEGORY :