よさこいと熱中症・かかりやすい条件について

よさこいと熱中症・かかりやすい条件について

夏の高知の暑さをなめてはいけない。

高知に生まれ育った人間として、真夏の日差しは半端ないと断言します。

それ故、高知において、よさこい祭りにおける熱中症は軽症のものも含めて多いことは間違いありません。

報道で見る限りでは2011年ですとこんな感じですが

忘れもしない、2013年の第60回よさこい祭りはこんな感じでした。
(下をクリックすると読めます)

この他にも、総務省消防庁の熱中症傷病者救急搬送についての各種報道発表のpdf、各年度の8月の分を見ると高知の熱中症搬送者数はかなり多いのです。
特に、江川崎で日本の観測史上最高の41.0度を記録した2013年8月。
この月において搬送者数について書かれてあるpdfを見てみると、人口10万人あたりの熱中症搬送人数は、高知県が最も多いのです。

平成 25 年8月の熱中症による救急搬送の状況 http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/houdou/h25/2509/250913_1houdou/01_houdoushiryou.pdf

農作業や炎天下での作業、屋内の通気性が悪い場所での罹患も多いとは思うのですが、高知新聞の報道と併せて読んだところ、よさこい祭りにおける搬送者も含むのではないかと推察されます。

このように、高知でよさこい祭りに参加をしようと考えたら、熱中症に対する対策は必須であることは間違いありません。

熱中症について今一度おさらいしてみましょう

熱中症とは?

気温や湿度が高い環境にいることで体の中の水分や塩分のバランスが崩れて体調を崩したり、体の中に熱がこもって体温の調節がうまくできなくなったりするときに起こるさまざまな症状を指します。
昔でしたら「日射病」「熱射病」と呼ばれていましたね。

どんな時期になりやすいか

・急に暑くなった
・湿度が高い
・日差しが強い
・照り返しが強い
・風通しがよくない

例えば、急に暑くなった日や気温が高い日、熱帯夜の日に起こりやすいと言われています。
(屋外だけではなく、屋内でかかる人も多いです)
また、梅雨明けにも起こりやすいようです。

どのような人がかかりやすいのか

年代

・お年寄り
・こども

高齢者の場合は体温調節機能が低下していると言われます。そのため、なかなかのどが渇いたり、体温が上昇していても気づきにくいようです。

こどももまだまだ体温調節機能が未発達です。
体調が悪くても自分からなかなか訴えられない(どのように訴えていいかわからない)水分補給がうまくできない、自分で衣類の調整ができない、ということも加わります。

よさこい祭りを見ても、高齢者やこどもの参加が比較的少なめだったりするのはそういうことなのかもしれませんね。
しかしながら、熱中症はどの年代でも罹りうるものであるということを認識しておきましょう。

参考:

条件

・長時間の運動
長い距離だと500m越えを10分以上は踊り続けます。

・厚手の衣服を着用している
衣装も露出が少ないものだと、両腕両足がすっぽりと通気性のさほどよくなさそうな生地で覆われているので、体に熱はこもりやすいですよね。

・普段からあまり運動をしてない
運動をしないことで、汗をかくことに慣れていないため、体に熱がこもりやすくなったり、水分補給のタイミングがつかめなかったりします。
また、運動をしてないので基礎体力や持久力がついていないことも。

体調

・下痢や風邪・二日酔い
・腎臓の病気や糖尿病・心臓の病気など何らかの持病がある
・お酒を飲みすぎた

体調不良の場合、体温調節機能が低下していたり、また発熱が見られることがあります。
また病気によっては水分補給をしても体内できちんと循環しにくかったり、のどが渇きやすかったりするため、熱中症になりやすいと言われています。
お酒の飲みすぎは、特に脱水症状がすすみやすいです。

・寝不足
睡眠不足であると、休養が十分に取れてないことが多いため、体調が整っていないことがあります。

・朝食を抜いている
汁物を飲んだり、食事中に飲むお茶や水・食材そのものの水分など、食事からもされる水分補給ができてなかった場合。
また、その日の活動に必要な栄養素が取れてないため、体調が整いにくくなります。

・肥満傾向
皮下脂肪が体を覆うことで、体の外に熱を逃がしにくくなっているといわれます。

まとめ

ここまで、どのような状況と人が熱中症になりやすいかについて書いてきました。
熱中症にかからないようにするためにはどうすればいいかを考えると、なりやすい条件をひとつずつ減らしていくことや、体調を整えることを考えていかなくてはなりません。
次回以降、熱中症に対してどのように対処していくとよいか、書いていきたいと思います。

CATEGORY :