よさこい演舞時にはメガネ?コンタクトレンズ?

よさこい演舞時にはメガネ?コンタクトレンズ?

視力が悪いという理由でメガネを掛けたり、コンタクトレンズをつけて生活している人は結構多いように思います。
私の職場でも、日常を裸眼で過ごしている人が数えるほどしかいません。
自分を含めて、メガネかコンタクトレンズを装用して過ごしている人が殆ど。

このように、現代において、落ちてしまっている視力を何らかの形で矯正している人は多いと身近な例で実感しています。
もちろん、踊り子さんやスタッフをざっと見渡しても、同様です。

ということで、演舞時にはメガネなのか、コンタクトレンズがいいのか、などについて考察してみます。

メガネ

203d592284f69008aed949e3cb2165d4_s
実は、チームによっては「演舞中、メガネ禁止」というところがあります。
見栄えのため、もあるのでしょうが、飛んだり跳ねたりすると、メガネがどこかに飛んでいってしまう大惨事を防ぐという意味もあるように思います。
それに、踊っている最中、汗でメガネがずり落ちるのを直す暇も無いですものね。
直そうにも手には鳴子がありますし。
そして、眼鏡の突然の曇りや、雨で視界が見えなくなるというのも、大きく動きを制限されてしまいます。

メガネのずり落ちという観点で自分も演舞の際は必ずコンタクトレンズなのですが更に女性の場合は「メガネだと、メイクが制限される」という事情も加わります。
メガネだとしっかりとしたアイメイクが楽しめないですものね・・・。

どうしても、コンタクトレンズがうまくつけられない、メガネじゃないと無理だ!という方には激しい動きにも耐えられるスポーツ用のメガネをおすすめします。


店頭で相談しながら買うこともできます。
通販も可能で、何よりお手ごろ価格。


ネット通販専用ですが、自宅で試着してから眼鏡を作ることができます。
送料も無料で、試着した眼鏡を送り返すときも送料はかかりません。
全国にある提携店舗で眼鏡の無料アフターケアも可能なので安心です。

尚、ネットでメガネを買うのに適している方は、既に自分の視力に合ったものを作ってる方、持っている方です。
初めてメガネを買う、作りたいという人は眼科で処方箋をもらってメガネを作るか、リアル店舗で視力などの検査をした上でメガネを作ってからでないと、どんなメガネが自分の視力に合うのかわかりませんのでご注意ください。

コンタクトレンズ

cbdd8a3dc97931aac574ec828b233cf7_s

まず、大まかに分けると2種類あります。

ハード

名前の通り、固い材質のものでできています。
大きさは、黒目よりも一回りほど小さくできているので、付けなれてなかったりすると最初ごろごろとした違和感を感じるのは材質と大きさによるものです。
乱視矯正をする人や、長時間装着する方が選ぶといい、と言われていますが難点があります。

固いので、ちょっとしたことでずれてしまう。

なので痛さで涙が出てしまったり、ふとしたことでコンタクトレンズが落ちてしまったりするので、演舞中に首を振った瞬間コンタクトレンズがすっ飛んでいった、という泣くに泣けない事例も。

ソフト

毎日つけ外しをするソフトレンズと、使い捨てるタイプとに分けられます。

柔らかい素材でできており、黒目よりも大きいので、装着してもさほど違和感を感じることがありません。

が、その柔らかさ故の難点がレンズに傷が入ってしまったり破れやすいということ、そして汚れが付着しやすいということです。
あと、ハードレンズに比べて違和感を感じ辛いので、角膜のトラブルを自覚することが難しいともいわれています。

対策としては爪を立てずに丁寧に取り扱うこと。
そして、定期的に検診を受けるだけではなく、決められた使用方法と期間を守ること。
眼の異常を感じたら、速やかにコンタクトレンズの使用を中止することです。

使い捨て

5c0cdd6538243e5bef57be50d0395dde_s

1日で使い捨てるタイプ(ワンデー)

1日使ったら捨てるタイプなので、衛生的。
そして、こすり洗いの手間がかかりません。
いつもは眼鏡をかけているけど、練習や演舞の時にしかコンタクトを付けないという方に向いています。
ただし、1日で使い捨てなので、2日続けて使用するのはNG!
1日中つけたものをもう一度再使用なんて駄目。
それをやってしまうと眼にはよくないです。最悪失明しちゃうこともあります。

定期交換タイプ

2週間や1ヶ月使用したら捨てるもの、3ヶ月が来たら新しいレンズにかえるもの(メニコンメルスプランが有名です)
ただ使い捨てとはいえ、こすり洗いなどの洗浄ケアは毎日必ず必要。
練習から含めて、祭りの準備期間の数週間、数ヶ月のみコンタクトを使用したい、という方には向いているかもしれません。

カラーコンタクトレンズ

黒目部分の色が何種類かあり、印象自体変えるもの(カラータイプ)と、黒目部分に環が書かれていて黒目が大きく見えるもの(サークルタイプ)に分けられ、度なしから度ありまであります。
度なしカラーコンタクトレンズでトラブルが相次ぎ、度数のありなしに関わらず、現在は薬事法の規制対象、高度管理医療機器となっています。
初めて使用する方は眼科やコンタクトレンズショップで必ず相談しましょう。
(友人との貸し借りなんてもってのほかです!!!!)

おすすめコンタクト洗浄機

1日で使い捨てるものを除いて、多くのコンタクトレンズは毎日の洗浄が必須。
しかし、洗っていると破れたりひびが入るのが怖い。
毎日洗浄をするのが面倒だ、と言う方には超音波の力で洗浄が可能な、コンタクト洗浄機もおすすめです。

キラキラ可愛いがスキ☆な方におすすめ。

シンプルなので、男性でも使いやすいのでは。

どちらも乾電池で動いて、持ち運びしやすいです。

コンタクトレンズを作りたくなったら

お近くの眼科を探す
まず、自分がどのコンタクトレンズを使いたいのかということを決めておくといいと思います。
よさこいに出ることをきっかけとして、ずっとコンタクトを使って行きたいのか。
踊る時だけなど、時々で構わないのか。
それによって、選ぶ種類も変わってきます。

コンタクトレンズショップ、コンタクトレンズセンター、などと言われてるところでも初めての場合は併設されている眼科での診察は必須です。

眼科、レンズ屋さん共に行く時には保険証を必ず持参しましょうね。

まず、目に病気がないか。視力はどれくらいか。
目のカーブはどれくらいか。
まず、それをしっかり調べた上で特に問題が無い、ということであれば病院の看護師さんなどが選んだコンタクトレンズを装着しておためし。
初めてつける人でも、方法やつけ方、外し方の練習をさせてもらえるので大丈夫です。
(ちなみに自分は、初めてつけたときに怖くて、つけ外しに1時間近くかかりました・・・汗)

視力検査や診察後、特に違和感や痛みがなければそのコンタクトレンズを引き続いて使っていく、という流れです。
尚、お手入れのアドバイスもあるので、しっかり聞いておきましょう。
そういえば、以前自分が診察を受けた眼科で、1日使い捨てタイプのコンタクトを2週間使っていた男の子が先生にめちゃくちゃ怒られていました。
・・・そりゃ目も充血しますってば。

コンタクトレンズを安く買いたい

眼科で診察を受けると箱でコンタクトレンズを購入するようになります。
お試し用コンタクトレンズをもらって、左右それぞれ1箱ずつ購入し、また定期的に診察を受けに来るようにといわれます。

が、病院で購入したコンタクトレンズがそろそろなくなりそう・・・でも病院の開いている時間には買いに行けない。
ちょっとコンタクトレンズって高いんだよなあ、毎日使うものだし、安く買いたいなあ。という方にぴったりなのが、コンタクトレンズのネット通販です。

購入時に処方箋が不要な通販を選んでみました。




国内正規品及び国内発送です。また、万が一商品が合わなかった場合、使用を始めていたり箱を開封していても返品可能。
その際の往復送料も無料で、もちろんちゃんと返金される、というポイントは結構高いと思います。
大量購入する場合の送料が無料というのも嬉しい。
※配達の日時指定・代引きは使えないので注意!




在庫があるレンズは、当日15時までの注文で即日発送です。
本州と四国は翌日配達も可能なので、お急ぎの方に向いています。
1万円以上購入すると、送料と代引き手数料が無料となります。
電話注文も可能なので、自分の使用しているレンズの在庫があるかどうかの問い合わせもお気軽にできそうですね。

尚、長いこと眼科で診断を受けないままネット通販でコンタクトレンズを使い続けると、いつの間にか度が合わなくなっていることもあるので、定期的に病院で診断を受けることをお勧めします。

おまけ・・・レーシックってどうなん

メガネのズレやコンタクトレンズのケアの煩わしさから解放されたいと思っている人がレーシックを検討することはあるかと思いますが、自分怖くてできません・・・。
レーシック難民で検索して、ぶるぶるチワワのように震えてしまいました。

高須かっちゃん先生もこう言っております。

メガネもコンタクトレンズも種類や特徴はいろいろ。

それぞれの利点と欠点を見極め、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶことです。
早めにメガネやコンタクトレンズを選んでおく、練習開始や祭りの前にバタバタしなくて済みますよ。