買ってよかった!よさこい向けの100均アイテム

買ってよかった!よさこい向けの100均アイテム

よさこいに向けて、必要なグッズがいろいろ・・・
比較的どこにでもある100均(ダイソーやセリアなど)で購入ができる、よさこい向けの100均アイテムをご紹介します。
(おまけで、買わなきゃよかったグッズも取り上げてます)

買ってよかった

ペットボトルクーラー

練習に通い始めると、まず必要なのは水分補給。基本的に、水分は自分で準備して持っていかなくてはなりません。
(練習場所の体育館や近くの公園付近に自販機があることもありますが、売り切れていたら目も当てられないので、あらかじめ準備しておくと困りません)

休憩時間、こまめに水分を取らないと脱水症状から熱中症に至るので、何はなくとも大事です。
水筒を持参する方には必要でないかもしれませんが、水筒が重いからという方は、練習場所に向かう途中にコンビニやスーパーでペットボトルの水分を購入することもあるかと思いますが、そのまま持っていくと表面に水滴がついてべちゃべちゃになったり、だんだんぬるくなっていき・・・ということを少しでも防ぐ為に、このペットボトルクーラーがあると便利でした。
尚、最近は500mlタイプだけではなく、1.5リットル対応のものがある店もあるので、覗いてみるとよいかもしれません。

室内干し専用ハンガー

hosu
高知での練習は梅雨時に始まることが多いです。
練習で着たTシャツやジャージをどこに干そう・・・という時に便利なのがこれ。
2つつけてポールを渡して干すのもおすすめ。
尚、普段のお洗濯でも大活躍なので、持っておいて損はありません。

Uピン・ヘアピン

22ee2c8b7e84a113c0a978b241bbe0ef_s
よさこい祭り本番、ヘアスタイルを自分でアップにするときにあると便利なのがこれ。
100均だと大量に安く購入ができます。

スナップボタン

snapbotan
本番前に配られる衣装。和風の衣装の場合、そのままだと前のあわせ部分が開いてきてしまうので、スナップボタンをつけておくと大変便利です。
これも100均にて購入可能。

安全ピン

pins
本番中、衣装が突然破けたり、あげていたハズの裾がほつれてきたり・・・
でも安全ピンがあれば、何とか応急処置は可能です。
何本か忍ばせておくと、いざという時に困らないのでおまじない代わりにどうぞ。

小分け袋

持病の薬、小銭や折りたたんだお札を入れるお財布代わりに、また熱中症予防の為に塩タブレットや塩を持ち歩く際にも重宝します。

A6クリアポケット

衣装にポケットがないけど、最低限の小銭やスマホを持ち歩きたい場合、帯のおなか部分に安全ピンでA6クリアポケットを取り付けておけば、簡単なポケットとして活躍してくれます。
但し、あまり厚みのあるものをいれると帯の前部分が膨らんで非常にかっこ悪いことになるので注意しましょう。

買わなきゃよかった

アイロンでくっつけるタイプのすそ上げテープ

もらった衣装をすそ上げするのが面倒・・・でもすそ上げテープという便利なものがあるじゃないか!と使ってみたところ

踊っている最中に裾とテープが一緒にばらばらとほどけてきましたwww

この手のすそ上げテープはアイロンの熱でテープについてる糊?のようなものを溶かして、衣装の生地とくっつけることで裾を上げてしまおうというものなのですが、踊っている最中にアスファルトから上がってくる熱で再度糊がでろーんと溶けてしまったものだと思われます。

結局安全ピンで補修したのですが、こんなことになるくらいなら最初から面倒でも手縫いですそ上げした方が絶対にいいと断言します。

鳴子

はい、ダイソーでは「よさこいパチパチ」という名前で売られていますね。
チームによっては自分で鳴子を準備してください!なんて言われることがあるので、安く買える!と思ったら、耐久性が低いのなんの。
軽くて通常の鳴子より少し小さめで扱いやすいのですが、それ故手から離れやすい。
故に落としやすいし、それが原因で壊れたり、振り回したり打ち鳴らしたりしているうちにバチが取れたり、塗装が剥げてきた・・・という話を聞いたことがあります。
あー、Made in Chinaですか(お察しください)
ハードに使うには、おすすめはできないです。

まとめ

以上、おすすめグッズ(とそうでないグッズ)を紹介しました。
いずれも、自分の経験からこれはあると便利なものばかりです。
自分の必要なものをチョイスするもよし、おすすめグッズを全て買うもよし。
是非参考になさってくださいね。